特定不妊治療費助成

[概要]

医療保険が適用されず、高額の治療費がかかる体外受精および顕微授精(以下「特定不妊治療」とします。)を受けられたご夫婦を対象に、治療費の全部または一部を助成しています。

このほか、不妊症の診断や治療にかかる費用の助成も行っています。
詳しくは「滋賀県不妊に悩む方への特定治療支援事業について」(滋賀県サイト)をご覧ください。 (上記事業の他、湖南市特定不妊治療費助成事業があります。上記事業による助成の決定が条件になります。)

[支給内容]

指定医療機関で受けた保険適用外の特定不妊治療(体外受精または顕微授精)にかかる費用を助成します。

<対象となる治療費>
排卵準備のための投薬、注射、採卵および胚移植、精子・卵子・受精胚の凍結料、妊娠確認検査費用

<助成金額>

  • 初回治療費:1回の治療につき30万円まで(採卵を伴わない凍結胚移植等を除く)
  • 2回目以降:1回の治療につき15万円まで(採卵を伴わない凍結胚移植等については、1回の治療につき7万5000円まで)
<助成回数>
    初めて助成を受ける際の治療開始日における妻の年齢によって異なります。
  • 40歳未満:43歳になるまでに通算6回まで
  • 40歳以上:43歳になるまでに通算3回まで

※1回の治療とは、診察(治療計画)から、採卵・採精、受精、胚移植を経て、妊娠の判定までの一連の過程を指します。
※助成回数は、他の自治体で受けた助成も通算されます。

[対象者]

次の要件を全て満たすご夫婦

  • 法律上の婚姻をしている夫婦であること
  • 申請時点で滋賀県内に住民票があること(夫または妻の一方でも可能)
  • 治療期間の初日における妻の年齢が43歳未満であること
  • 体外受精および顕微授精以外の治療法によっては妊娠の見込みがないか、または極めて少ないと医師に診断されていること
  • 夫婦合算の前年(1月から5月までの申請の場合は前々年)の所得金額が、730万円未満であること
[申請できる人]

対象となる方ご本人

[申請期日]

1回(一連)の治療ごとに、治療の終了した日の翌日から2か月以内

子育て応援情報

「ココフレ」をシェアしよう
  • つぶやく